頑張れマラソン日本

頑張れマラソン日本

オリンピックはもう終わってしまったのですが、残念だったことが1つあります。

それは、不振に終わったマラソン競技です。

男子のマラソンは、オリンピックの最終日にあるので、いつも注目されますよね。

男子マラソンと言えば、以前は瀬古選手、宋兄弟、中山選手、谷口選手とメダルを狙うことができる選手が多くいました。

マラソンは、地味な競技なのですが、見ていると結構面白いものです。

中盤はちょっと中だるみをすることもありますが、終盤どこでスパートをかけるかなどの駆け引きも面白いです。

終盤ははらはらします。

特に日本人の選手がメダル圏内にいるレースは目が離せなくなります。

42.195キロをほぼ全力で走りきるという過酷なレースは、オリンピックの最後を飾る競技としてぴったりだなと思います。

今回のオリンピックでは、私が今住んでいる長崎県出身の藤原新選手がマラソンの代表選手に選ばれました。

藤原選手と言えば、そうあの無職のランナーです。

無職からオリンピック代表を掴み取ったあのガッツは、オリンピックで何かを起こしてくれそうな感じがしていました。

しかし、藤原選手は45位という残念な結果に終わってしまいました。

初めてのオリンピックで緊張もあったのでしょう。

完走しただけでも凄いことかもしれません。

日本人選手は、山本選手が40位、中本選手が頑張って6位入賞という結果でした。

以前は、日本のお家芸とまで言われたマラソンですが、今回はあまり良い結果を得ることができなかったようです。

優勝したのは、アフリカの選手でした。

ちなみに、1位~3位まで、全てアフリカの選手でした。

アフリカの選手は強いですね。

そもそも体の作りから違うのかもしれませんね。

その中で、中本選手の6位というのは大健闘なのかもしれません。

中本選手は6位だったのですが、最後まで4位争いをしていました。

その走りは、きっと次につながるだろうと思います。

頑張って欲しいですね。

残念な結果に終わったと言っても、暑さの中、42.195キロを走りきった選手は、やはり素晴らしいなと思います。

アフリカの選手は相当強いかもしれませんが、いつかまた日本の選手が、トップでゴールテープを切るシーンを見てみたいですね。

頑張って欲しいなと思います。

お見合いパーティー|神戸

難聴の原因

ヘッドホンで音楽を聴いていると難聴になる可能性があるのだそうです。

先日、テレビでその話題が出ていました。

私は、最近はそう利用しないのですが、ちょっと前までは、よく仕事中にipodで音楽を聴いていました。

私の仕事は、ひたすらパソコンに向かってデータをとる仕事なので、音楽を聴きながら仕事をしても良いと以前から上司に言われていました。

そこで、気分転換になるかもとしばらくipodで音楽を聴いていたのです。

ipodで音楽を聴いていると、だんだん音量をあげたくなってきます。

そして、音量をあげると、その音量でずっと聴いてしまいます。

いったん音量をあげて、それから音量を下げると、ちょっと下げただけでもかなり物足りなさを感じてしまうようになります。

最初は音もれがあったら周りの人に迷惑がかかるのではないかと思って遠慮していたのですが、周りの人に聞いたところ、音もれは全くないということだったので、それから音量をあげて聴くようになってしまいました。

テレビで専門家の人が言っていたのですが、人は流れ続ける音に耳が慣れてしまうと、刺激がもっと欲しいと思い、音をあげて体に感じる音量を保とうとするのだそうです。

まさに、その通りだなと思いました。

そして、この行為が耳にはよくないのだそうです。

音量が大きい状態で長い時間音楽を聴いていると耳に相当な負担がかかり、難聴の原因になるのだそうです。

耳に負担がかかると言っても、耳が痛くなったりするわけではないので、知らず知らずのうちに負担が大きくなっているのかもしれません。

たまに長く音楽を聴いているとイヤホンを外したときに違和感があるときもありますが、あまり気にならない程度なので、なんとも思っていませんでした。

怖いですよね。

難聴は自覚症状があまりなく、いったんなってしまうと元に戻すのが困難になるのだそうです。

難聴にならないようにするためには、音量を小さくして聴くか、長時間続けて聴くようなときは、定期的に耳を休める時間を作るようするということが大事なのだそうです。

耳にも休む時間が必要なのですね。

今度から音楽を聴くときは、耳の負担のことを考えて聴くようにしようと思いました。